自走式駐車場の注意点

category01

機械を使わないので扱いやすい自走式駐車場ですが、運転ミスで事故を起こす可能性があります。

自走式駐車場サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

台数を優先してしまうと走行スペースが狭くなって接触しやすくなってしまうため、利用者が安全に使えるスペースを確保しておいた方が良いでしょう。


小型の自走式駐車場であれば台数が少ないので意識しなくても良いですが、大型で台数が多く、車の出庫が頻繁に行われるような場合、複数の車が同時に移動できても出口が限られているので詰まってしまうことがあります。複数の道路に面しているのであれば空いている方に出口を繋ぐと良いですが、交通量が多い道路しかないのであれば警備員を配置して流れと逆方向に出庫しようとして待たないように誘導させることを検討しましょう。
出口の処理で詰まるのであれば、事前清算機で料金の支払いを済ませます。

これを行ってもゲートで駐車券を入れる時間がかかるため、センサーで認識できるシステムを導入すると短縮が可能です。

また、スペースに余裕がある場合は複数のゲートを設置しても良いでしょう。



自走式駐車場は駐車位置によって建物からの距離が変わってしまうデメリットがあるため、高齢者や障害者の専用スペースを建物の近くに用意しておくと良いです。



商業施設では利用者がショッピングカートを持ちこんでそのまま放置し、接触してしまうトラブルも起きるため、規模に合わせて駐車スペースのいくつかをカート置場にして放置を抑制すると安全に使えます。

駐車場の関連情報

category02

自走式駐車場は管理者と利用者の双方にとってメリットのある駐車場です。まず、立体駐車場として使えるので通常の平置きと比べて土地の有効活用ができ、複数階層にして同じ面積に対して多くの車を駐車できるようにしたり、建物の地下や屋上を利用して追加の土地を確保する必要をなくせます。...

subpage

駐車場のためになる情報

category02

自走式駐車場は基本となる仕組みはスロープを使って複数の階層に駐車できるようにしたものですが、利便性を高めるために工夫されており、いくつかのタイプがあります。まず、自走式駐車場は立体駐車場として使われますが、台数を増やすためではなく土地を抑える目的のものがあり、企業などで建物の地下を使う方式であり、スロープで地下に走らせるだけの単純な構造です。...

subpage

駐車場の大人の常識

category03

駐車場には平面駐車場を初め、機械式立体駐車場や自走式駐車場などの種類がありますが、平面駐車場は平地をそのまま利用したタイプになるので、土地面積に応じて収容台数が決まります。これに対して機械式立体駐車場や自走式駐車場は建築物の階数に応じて車を駐車するスペースを確保出来るので、収容台数を増やせるメリットを持っています。...

subpage

知りたい駐車場事情

category04

自走式駐車場とは2階以上の平面駐車スペースがあって、機械などで運んだり移動したりせず、自分の車で走行して目的の場所に駐車するタイプの駐車場のことです。大型デパートや郊外の大型パチンコ店などで、この方式の駐車場を見かけます。...

subpage