複数のフロアを持つ自走式駐車場のメリットとは

駐車場には平面駐車場を初め、機械式立体駐車場や自走式駐車場などの種類がありますが、平面駐車場は平地をそのまま利用したタイプになるので、土地面積に応じて収容台数が決まります。

これに対して機械式立体駐車場や自走式駐車場は建築物の階数に応じて車を駐車するスペースを確保出来るので、収容台数を増やせるメリットを持っています。

自走式駐車場が今、話題になっています。

機械式駐車場はクイックパーキングとも呼ぶもので、機械を使って車を移動させて止める方式です。
マンションの駐車場などでも2段式や3段式などの機械式駐車場を完備している所が増えていますが、限られた敷地面積の中で多くの収容台数を確保出来るメリットが機械式駐車場にはあるわけです。



ちなみに、マイカーを所有している場合、賃貸の部屋を借りる時の基本条件の一つとして駐車場の確保があるかと思われますが、機械式駐車場を使えば世帯分の駐車スペースを確保出来るなどからも不動産投資を行う人などからの注目が集まっています。



一方、自走式駐車場はドライバーが駐車スペースまで車を運転して駐車するタイプです。


デパートやショッピングセンターなどでは車で訪れるお客さんが多いため、平面駐車場だけでは収容し切れない事も少なくありません。デパートの地下や上階などに駐車スペースを設ける、もしくは駐車場専用の建物を建築して、自走式駐車場を利用すれば、多くの車を収容出来るようになるわけです。
自走式駐車場は複数のフロアを持つのが特徴で、自走式立体駐車場とも呼びます。