自走式駐車場とはどのような構造のものか

自走式駐車場とは2階以上の平面駐車スペースがあって、機械などで運んだり移動したりせず、自分の車で走行して目的の場所に駐車するタイプの駐車場のことです。

自走式駐車場情報が満載です。

大型デパートや郊外の大型パチンコ店などで、この方式の駐車場を見かけます。


階を繋ぐスロープがあり、階を上ったり下がったりも自走で可能な構造となっています。



立体駐車場と呼ぶこともありますが、機械でエレベーターのように車を収納する機械式駐車場も立体駐車場と呼ばれることがあり、区別するため業界では自走式と呼んでいることが多いようです。
自走式駐車場は複数階あるものや地下に駐車できるものなどがあります。

複数階だと自走して目的階まで上がって行き、駐車後はその階に設けられているエレベータや階段などで出入りします。

駐車場入り口にはゲートバーが設置されていることが多く、契約者や許可された車しか進入できないようになっています。地下に駐車スペースがあるタイプは入り口から地下に降りるような構造で、これもゲートバーなどで限られた車しか進入できないようにされていることが多いようです。
このタイプの駐車場は地上は駐車スペースがあったり、商業ビルであったりさまざまです。



地下駐車場は周囲が覆われていますので雨・風などから遮断され、またいたずら防止にも有効です。


よりセキュリティ性を上げるため、監視カメラが設置されていることもあります。
自走式駐車場は一台あたりの駐車スペースが広く取られていることが多く、出し入れがしやすいことが多いです。機械式駐車場のように入庫時に車が機械にぶつからないかなどを気にせず出入りできる特徴がありますが、3階、4階など、目的の階が上になるほど、長く自走しないとならない時間的な不便さがあります。