自走式駐車場を使うメリット

自走式駐車場は管理者と利用者の双方にとってメリットのある駐車場です。
まず、立体駐車場として使えるので通常の平置きと比べて土地の有効活用ができ、複数階層にして同じ面積に対して多くの車を駐車できるようにしたり、建物の地下や屋上を利用して追加の土地を確保する必要をなくせます。


立体駐車場には機械式もありますが、これと比べた場合も自走式駐車場にはメリットが多いです。


管理側は維持費を抑えられるのが特徴であり、故障を抑えるための定期的なメンテナンスが必要ありません。

自走式駐車場に関するアドバイスです。

構造によって耐用年数には違いがありますが、機械式よりも長いので長期的な運用も可能です。
利用者側の自走式駐車場を使うメリットは使いやすさであり、機械の操作がないので初めて使う場合でも使い方が分からずに困ったり事故を起こす危険性がありません。

一般的な構造では平置きの駐車場を立体にしたものなので同じ感覚で使えます。

他の人が入出庫しているときでも車を動かせるので待ち時間を抑えられ、機械の故障で全ての車が使えなくなるトラブルに合う心配もないです。

また、屋根付きの自走式駐車場、または屋上以外に駐車する場合は風雨に晒されずに済み、各階層が建物と連結した構造になっていればそのまま濡れずに入れます。



機械式よりも駐車効率は劣りますが、それ以外の点で多くのメリットが有る駐車場であるため、十分な土地面積を用意できる場合は自走式駐車場の運用を検討すると良いでしょう。