自走式駐車場にはどのようなものがあるか

自走式駐車場は基本となる仕組みはスロープを使って複数の階層に駐車できるようにしたものですが、利便性を高めるために工夫されており、いくつかのタイプがあります。

自走式駐車場の最新情報を紹介します。

まず、自走式駐車場は立体駐車場として使われますが、台数を増やすためではなく土地を抑える目的のものがあり、企業などで建物の地下を使う方式であり、スロープで地下に走らせるだけの単純な構造です。

同じような構造で複数の階層になっている方式がフラット式であり、名前通りに駐車スペースが平面になっているので始めて利用する人でも違和感なく使え、見通しも良いので空いているスペースも見つけやすくなります。



建物の上部に設置されたり、専用の大型駐車場として普及している形式です。

自走式駐車場は土地の幅がないとスロープが急勾配になり、距離を稼ぐために折り返しを作ると運転ミスで接触しやすくなって使いにくくなります。
これを解消する形式がスキップ式であり、基本はフラット式と同じですが半階層ずつ組み合わせているので高さが半分になるので勾配を抑えられ、幅のない土地でも使いやすくできるのが特徴です。
これらの方式はスロープ専用のスペースを使うので無駄ができてしまうため、自走式駐車場の全体に傾斜を付けて螺旋状の構造にしているのが連続傾床式であり、駐車効率を高められます。

ただし、傾斜によって他の形式と比べると利用者には不便になってしまうため、土地の余裕がない場合に導入すると良いでしょう。